撮影地メモ:京成関屋〜堀切菖蒲園(4・荒川左岸下流)

荒川橋梁の南東側から。中川にかかる小橋梁と、その東側のアプローチが撮影できる。ここまでくると、堀切菖蒲園駅はすぐそこ。

 (その1)
 ・ 荒川右岸上流・橋のたもと
 ・ 荒川右岸上流・堤防上

 (その2)
 ・ 荒川右岸下流側
 ・ 堀切橋上

 (その3)
 ・ 荒川左岸上流側

【その4】

 ■ 荒川左岸下流側


京成本線の撮影地一覧


 

荒川左岸下流側

■上り(上野方面)列車

 
 
 

■下り(成田方面)列車

  
 

【メモ】

荒川橋梁の東を流れる中川の両側から。荒川橋梁方向は欄干越しで、望遠が必要。中川を渡る小トラスを抜ける姿も味わいがある。

青砥・成田方向は、歩道が階段で地上に降りる一方で線路は築堤上にあり、眺めがよい。奥はカーブで隠れるが、中望遠でちょうど8両入る距離があり、昼頃~午後の撮影にはここもアリかもしれない。

・備考:

上野方向 成田方向
 
 
 
 


鉄橋の銘板

橋の銘板には昭和六年の文字


↑ページトップに戻る



京成本線の撮影地一覧