撮影地メモ:八広駅

荒川鉄橋の東側にある八広は、やはり鉄橋と絡めるのが定番で有名撮影地。下り列車も上り列車撮影と近い位置で撮れるので、両方撮りたいという場合にちょうどいい。

■ 下り(青砥方面)ホーム・青砥方

■ 下り(青砥方面)ホーム・中央部


京成押上線の撮影地一覧


 

下り(青砥方面)ホーム・青砥方

■上り(押上方面)列車



【メモ】

下りホームの下り方から。この駅は下り方の端がもう堤防の上で、鉄橋を抜けてくるところが撮影できるとして有名な場所。

ホーム端は視界が狭いが、駅は全体がカーブしているため、下がって望遠することで撮影がしやすい。

・備考:

◆青砥方向

◆押上方向


↑ページトップに戻る



 

下り(青砥方面)ホーム・中央部

■下り(青砥方面)列車



■上り(押上方面)列車

【メモ】

カーブの都合から、下り列車を撮るのも下りホームからが良い。ホーム中央付近から望遠を伸ばせば列車がカーブに入ってこちらを向いたところが撮影可能。ただそれをやるには300mmくらいは欲しい。

また、振り返って青砥方向を見れば上り列車を真正面から撮影できる。

・備考:

◆押上方向


↑ページトップに戻る



京成押上線の撮影地一覧