撮影地メモ:東松戸駅(JR)

吉川美南・越谷レイクタウンが相次いで開業するまで武蔵野線で一番新しい駅だった東松戸。成田空港直通開始までは乗換駅としてはかなり地味だった駅だが、その割にホーム・コンコースともやたら広い。

■ 西船橋方面ホーム・西船橋方

■ 府中本町方面ホーム・西船橋方

■ 府中本町方面ホーム・府中本町方

■ 西船橋方面ホーム・府中本町方


武蔵野線の撮影地一覧


↑ページトップに戻る



 

西船橋方面ホーム・西船橋方

■府中本町方面列車

■西船橋方面列車

【メモ】

西船橋方面行きホーム・西船橋方から府中本町方面行きの撮影。ホームの向こうはそこそこの長さの直線で、撮影はオーソドックスに可能。

・備考:


↓交差部分の架線柱は、北総線の高架を間借りしていた


↑ページトップに戻る



 

府中本町方面ホーム・府中本町方

■西船橋方面列車

   

■府中本町方面列車

【メモ】

府中本町方面行きホーム・府中本町方から西船橋方面行きの撮影。こちらはカーブを立ち上がって短い直線で、引けば8両も入るが望遠すると厳しい。

ほぼ南北方向なので、正午前から夕方手前は正面・側面とも順光。

・備考:

↓武蔵野線がそもそも3階くらいの高さにあるため、北総線はさらに上の場所で新幹線駅のような威容がある。ただしこの駅の場所は北総台地によくある谷戸の底のため、駅の周囲は武蔵野線より高かったりする。


↑ページトップに戻る



 

西船橋方面ホーム・府中本町方

■西船橋方面列車

■府中本町方面列車

【メモ】

西船橋方面行きホーム・府中本町方から西船橋方面行きの撮影。架線柱がそこそこ遠いので、午前ならアリ。

・備考:




↑ページトップに戻る



武蔵野線の撮影地一覧